不動産売却査定

不動産売却の流れ

お客様の大切なご所有不動産の売却の為に、こちらを是非お役立てくださいませ。

 

STEP① 売却相談

お住み替えを考え始めたら、まずは不動産のプロにご相談くださいませ。

所有不動産がどれくらいの価格で売れるのか、住宅ローンが残っている物件を売るにはどうしたらよいか、また税金や仲介手数料といった諸経費をどのくらい見込んでおけば良いかなど、売主様の状況にあった売却方法のご提案をさせて頂きます。

※不動産を売却する場合にも経費がかかります。売却金額から売却に係る経費・税金を引いた分が手取りの金額となります。(主な経費の例 仲介手数料・抵当権抹消登記費用・所得税など)

予め、諸経費や税金を確認しておくことをお勧め致します。

 

STEP② 査定依頼

所有不動産がいくらで売れるかを調べる為に、不動産会社に査定依頼を行います。

※査定方法について

1.机上査定:物件の確定に必要な資料をご提示頂き、近隣の相場や取引事例に基づき不動産の価格調査を行います。現地確認を省略する事でスピーディにお答えしますが、査定価格はおおよその価格となります。

2.訪問査定:売却予定の不動産の室内の状態、設備など実際に現地にて調査を行います。又、役所による調査、法務局にて権利関係の調査も行い周辺の成約事例、売り出し事例をもとに、精度の高い売却予想価格を算出します。

 

STEP③ 物件の確認・調査・査定

訪問査定の場合、現地調査、周辺環境調査、建築法規・権利関係・成約事例・売り出し事例を調査した上で価格査定を行います。

※調査内容は物件の種別により異なります。

例えば、マンションであれば管理費・修繕積立金の額、滞納金の有無も調査を行います

戸建・土地は駐車場の有無や地中埋設物、接道状況なども調査します。

 

STEP④ 媒介契約

不動産会社に不動産の売却を依頼する契約です。

価格査定の内容、売却活動の内容について説明を受け、媒介契約書の内容を理解した上で契約しましょう。

※媒介契約には3つの種類があります。内容をよく理解したうえでご契約くださいませ。

又、媒介契約の締結では、必要な金銭のやりとりは有りません。

 

STEP⑤売却活動

不動産会社が様々な売却活動を通して購入希望者を探します。

お問い合わせを頂いたお客様に物件の見学をして頂きます。

※売却活動の内容

インターネットの集客活動が主流となっております。スーモ・ヤフー不動産・アットホーム・ホームズ・などポータルサイトを利用して物件情報を発信していきます。週末には広告を使っての集客も行います。

 

STEP⑥ 営業活動の報告

不動産会社は売主様に対して売却活動の報告を書面で行います。

購入希望者のお問い合わせ数や、レインズからの不動産会社のお問い合わせ数などを報告します。

周辺売り出し物件の状況や全体の市場動向に基づき、売却のチャンスを逃さない為にも最適な売却方法をご提案させて頂きます。

※媒介契約の種類によって報告回数は異なります。

専属専任媒介契約は1週間に1回以上、専任媒介契約は2週間に1回以上と定められています。

 

STEP⑦ 売買契約の締結

購入希望者から「購入申込書」を受領し、価格や引渡条件についての調整を行います。

売主様、買主様が条件の合意に至った段階で売買契約日の設定・契約の締結を行います。

※売買契約に必要なもの

・権利証 ・実印 ・印鑑証明書 ・契約印紙代 ・本人確認書類(免許証等) ・付帯設備表、物件状況告知書(書式はこちらで用意します)

 

STEP⑧ 引渡し準備

売買契約の締結後、残代金の受領日までに隣地との境界の確認、引っ越しや公共料金の精算などを済ませ、買主様へ引き渡せる状態にする必要があります。

引渡は契約時に約束した状況で行うのが原則となっております。

※引き渡し、引っ越しのスケジュール

買い替えの場合は、先に新居に引っ越してから引渡を行うのがスムーズです

状況によっては、先に新居の融資を受ける「つなぎ融資」のご提案もさせて頂きます。

 

STEP⑨ 残代金決済・引渡し

契約に定めた内容で物件の引渡を行います。物件の状況を改めてご確認くださいませ。

残代金の受領と同時に物件(登記申請・鍵の受け渡し)の引渡しを行い、売買契約は全て完了です。

※不動産仲介手数料のお支払いや固定資産税の精算もお引渡し時に行うのが一般的です。

現地にて境界の確認や、物件の御立会いを事前に済ませておくほうが、引渡しもスムーズに完了します。

 

以上が不動産売却の一般的な流れとなります。

 

まずは無料の簡易査定から、ご所有不動産の査定を依頼したい方はこちらをクリック